Mixedvoice

小声での地声でMIXをGET!

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、小声で地声を発声することによって、ミックスボイスを習得するための方法をお伝えします。

理論

なぜ、小声での地声発声がミックスに繋がりやすいのかを簡潔に解説します。

多くの方は、地声と裏声の筋肉に発達具合に差があることもあり、

筋肉のバランスが悪いことが多いです。

下記の図のようなイメージです。

【バランスが悪い】

 

そこで、声量を弱めることで、地声系の筋肉の働きを抑えてあげることにより、

弱い状態ではあるものの、バランスを整えてあげることができます。

下記の図のようなイメージです。

【バランスが弱い状態だが整う】

 

このように、両方の筋肉を扱いやすい状態にすることで、大きな声で練習をしているよりも、ックスボイスを習得しやすい状態になることが多いので、あくまでも”戦術”として使うツールの1つです。

 

メールでもお話ししておりますが、戦略がないと、この戦術を十分活かしきることができないので、喉そのものを改善させていくことも忘れないようにお願いします^^

トレーニング法

小声で地声のトレーニング法を解説します。

小さい地声で「ア」と発声します。

【参考音源:小声で地声】


 

小声で地声の注意点

小声で地声を練習するときの注意点を解説します。

POINT① 大きな声で叫ばない

大きな声で叫ばないように注意しましょう。

大きな声にしてしまうことは、地声の筋肉を優勢にしてしまうことに繋がるので、

地声と裏声の筋肉のバランスを取ることが難しくなります。

まずは、小さな声に抑えることで、地声と裏声の筋肉のバランスが整った感覚を身につけましょう。

POINT② 息を漏らさない

息を漏らさないように注意しましょう。

小声での地声で、弱い声を出すんだ!と意識するばかり、どうしても息を漏らす癖が抜けない方が多いです。

息を漏らすことで、仮声帯の入りが強くなってしまうこともありますし、ミックスの習得の邪魔になる可能性が高くなります。

どうしても息が漏れてしまう場合は、「ネイ」などの発声を取り入れることで、声帯がぴったりとくっつくようにしてあげるのもOKです。

 

POINT③ 裏声と勘違いしない

裏声を強めた声と勘違いをしないように注意しましょう。

最小限の地声系の筋肉を働かせた状態を作りたいので、裏声にしないことは意識しなければいけません。

判断方法は、「ひっくり返せる声かどうか」でOKです。

まとめ

小声での地声発声は、一瞬で声が変わる可能性を秘めているトレーニングです。

しっかりと注意点を守っていただき、練習してみてくださいね^^

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

教材TOPへ

POSTED COMMENT

  1. 江田 より:

    小声で地声をやっていると、どんなに頑張っても声がひっくり返りそうになります、、最初はこんなものでしょうか?

  2. S より:

    こんにちは。講義ありがとうございます。
    息漏れ減ってきたので、このままやっていきたいと思うのですが、
    以前記事でグッグも組み合わせてもいいと書かれているのをみました。
    合わせて練習しても大丈夫でしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です