Build up

両声区(地声と裏声)の発達確認法

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

「地声と裏声が鍛えられているかがわからん!」と思っているあなた。

当然、筋肉の量を測るわけにはいかないわけですが、声の質である程度は判断できます。

 

ということで、今回のテーマは地声と裏声の筋肉群がきちんと育ってきているのかを判断するための方法についてお話します。

喉頭懸垂機構のトレーニングの結果として、今回の講座をお使いください。

ぜひ、最後までご覧ください。

両声区の発達確認法

地声と裏声の筋肉の発達の確認方法をお伝えします。

基本的に、地声と裏声の確認方法はほぼ同じなのですが、念の為解説させていただきますね。

地声と裏声の筋肉の発達確認法

地声系の筋肉が鍛えられているかどうか確認方法を解説します。

 

確認法① 息漏れが減る

一番分かりやすい変化として、息の漏れが減ることが挙げられます。

 

確認法② ロングトーンが容易になる

次にロングトーンが容易になります。

 

確認法③ 母音をハッキリと発音できるようになる

地声が適切に鍛えられてくると、母音をハッキリと発音できるようになります。

 

 

確認法④ 声量が増す

効率よく息を声に変換できるようになるため、声量が増す傾向にあります。

 

まとめ

もちろん、今日初めてすぐに発達を感じられるわけではないのですが、ある程度の期間をかけてBuild upに取り組んでいただけると、解説したような変化を確実に感じられるはずです。

ぜひ、意識してトレーニングしてみてください^^

最後まで、ご視聴いただきありがとうございました。

教材TOPへ

POSTED COMMENT

  1. sum より:

    地声と裏声をどんな風に確認していいのか分からなかったものですから、大変為になりました、いつもありがとうございます。

  2. 江田 より:

    こんにちは。具体的な方法をあげてくださってありがとうございます。
    質問のですが、僕の場合、どうしても裏声が強くなってしまう(ヘッドボイス?)のですが、そのまま確認法を使ってもいいでしょうか。

  3. アサヒ より:

    今まで、地声と裏声の変化に耳を傾けてこなかったので、意識してみます。

  4. S より:

    分かりやすかったです。

S にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です