Separate

地声と裏声の分離をしよう!

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、”地声と裏声の分離”というテーマで解説していきます。

理論

地声と裏声の分離について解説します。

声の混合

声の混合とは、例えばAというパーツを動かそうと思った場合に、Bというパーツまで一緒に動かしてしまうことです。

地声と裏声の筋肉で言えば、下記のようになります。

・地声→ 地声に裏声が”無意識に”混じる

・裏声→ 裏声に地声が”無意識に”混じる

この”無意識に”混じってしまうというところが大問題です。

意図した声を出そうと思っても、出せないということに問題があるのですね。

【声の混合状態のイメージ】

ですので、

 

「純粋な地声を発声しよう」→100%の地声が出る

「純粋な裏声を発声しよう」→100%の裏声が出る

 

このように、”意図した声を取り出せる”状態を作っていきましょう。

トレーニング法

地声と裏声の分離のトレーニング法について解説します。

地声

息を止めた状態から「ア」と発声します。

【参考音源:息漏れの少ない地声】


※音割れして、申し訳ありません。

地声のトレーニングの注意点

地声のトレーニングの注意点を解説します。

POINT①:声の出し始めで息漏れしないように注意する

声の出し始めで息が漏れないように注意しましょう。

声の出し始めから、息をとめた状態で声を出すことで、

息が漏れるのを防ぐことができます。

逆に、息が漏れてしまうと混合状態に陥りやすくなりますから、注意してくださいね。

 

POINT②:母音の変化に注意する

母音の変化に注意しましょう。

特に高音になるにつれて、「ア」から他の母音に切り替えてしまう方も少なくありません。

しっかりと「ア」で発声できているかを入念に確認しましょう。

POINT③:小さな声にならないように注意する

小さな声にならないように注意しましょう。

小さな声にすると、裏声の筋肉が働きやすくなってしまいます。(あえてそれを利用したトレーニングもこの教材に含まれています)

POINT④:E4(真ん中のミ)を最高音に設定しましょう

E4(真ん中のミ)を最高音に設定しましょう。

E4以上は、純粋な地声以外の筋肉も働き出してしまうので、十分気をつけてくださいね^

裏声

息を思い切り吐きながら、「フー!」と発声します。

【参考音源:息漏れのある裏声】

 

POINT①:声の出し始めで声に芯が入らないように注意する

声の出し始めで声に芯が入らないように注意しましょう。

最初が肝心でして、そこで声に芯が入ってしまうと、そのあと修正するのは難しくなってしまいます。

ですから、意識としては”息に声をのせる”くらいのイメージで大丈夫です。

POINT②:母音が変化しないように注意する

母音が変化してしまわないように注意しましょう。これは地声のトレーニングと同じですね。

特に、高音になるにつれて、「フー」が「ハー」、つまるところ、母音「ウ」が「ア」に変化してしまう方が多いのですね。

ですので、しっかりと母音を固定するように、”手で頬を固定する”などの対策をとっていきましょう。

POINT③:2〜3秒以上声が続かないことを確認する

基本的に、息漏れのある裏声は2〜3秒以上のロングトーンは不可能です。

ですから、逆に言えば2〜3秒以上声が続いた場合、それは地声や他の組織(仮声帯など)

が混じっている、つまり声の混合状態にあると考えなければいけないという1つの基準になるのですね。

「2〜3秒以上続いた!あ、これはダメなのか」とあなた自身で確認できるようにしていくことで、効率よく正確にトレーニングを実践していくことができます。

POINT④:B3〜B4の間でトレーニングする

トレーニングはB3(下のシの音)〜B4(上のシの音)の間で行うようにしましょう。

なぜなら、B3〜B4の間が、純粋な裏声を発声できる音域とされているからです。

それ以上でもそれ以下でも、特に練習の最初期は混合しやすくなりますので、

ご注意くださいね。

まとめ

地声と裏声の分離は、シンプルでありながら、ボイストレーニングの全ての基本と言っても過言ではないくらい大切なトレーニングです。

ここをないがしろにしてしまうと

・声は繋がるんだけど、なんか声が出しづらい

・高い声は出るけど、すごく体感的にきつい

 

などの様々な問題が生じることになるので、一緒に頑張っていきましょう!

今回の講義も、最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

POSTED COMMENT

  1. ネモ より:

    ネット情報とかだと、ミックスボイスのためには、ヘッドボイスを練習しろと書いてあることが多いですが、息漏れの裏声も練習してみます!

    あと、これは以前から疑問なのですが、ヘッドボイスとミックスボイスは感覚的には近いのですか?
    例えばXのトシさんとか、すごい高音の場合は、むしろヘッドボイスにも聴こえなくないかと思うことがあるので。

    • 金子太登 より:

      コメントいただき、ありがとうございます^^
      ヘッドボイスの定義が曖昧なので、難しいお話ではありますが、基本的にヘッドボイスやミックスボイスなどに声を分ける考え方をしないほうがいいかもしれません^^

      ここからここまでが地声で、ここからがミックスで、、と考えていると、声を切り替える癖がついてよくないからですね。

      これからもよろしくお願い致します。

  2. はぎ より:

    今ボイトレに通っていますが、地声と裏声を分けた練習はしていないですね。
    まずは基礎を固めたいと思っているので、自分に合った練習かと思いました。
    基礎の練習か終わるまでは、歌わないほうが良いのでしょうか?

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^

      歌っても大丈夫ですが、できれば今まではぎさんがよしとしてきた声でない声で歌ってみるのも練習になるかもしれません。

      例えば、喉頭をがっつり上げた薄っぺらい声で歌う。。などですね。

      ぜひお試しくださいませ^^

      今後ともよろしくお願い致します!

      • 金子太登 より:

        masaさん

        コメントいただき、ありがとうございます。

        混合状態は、多くの方が陥っている症状ですが、きちんとSeparate編でトレーニングしていくことで、徐々に改善していきますよ^^

        ぜひ一緒に頑張っていきましょう^^これからもよろしくお願い致します!

  3. masa より:

    こんにちは。

    混合という状態に自分はぴったり当てはまってます。

    しっかりとわけられるように頑張っていきます!

  4. yusan10325 より:

    地声と裏声の分離が大事だってことは何回か聞いていましたけど、他のボイトレではいきなりミックスボイスを練習してるないようだったりしたので迷っていました。やはり分離と強化が大事なんですね!  練習に取り入れていきます。

    • 金子太登 より:

      yusan10325さん

      コメントいただきありがとうございます^^

      もちろん、ミックスボイスの練習も大切なのですが、それ以前のところに問題がある方が非常に多いのですね。

      ですから、ぜひ焦らずに、地声と裏声をはじめとする諸パーツの分離から始めていきましょう!^^

      これからもよろしくお願いします^^

  5. るー より:

    いろんなボイトレの仕方見てきましたが、納得できる内容でした。これからも勉強させていただきます。

    • 金子太登 より:

      るーさん

      コメントいただきありがとうございます^^

      納得していただけて、嬉しいです^^

      今後ともよろしくお願い致します!

  6. かな より:

    勉強させていただきました(*^^*)
    わからない事があり、息漏れの多い裏声は数秒以上続かないとありますが、例えば宇多田ヒカルさんのファーストラブの出だしは裏声かなと思ったのですが、この声は違うという事でしょうか?

    ミックスボイスは、喉仏を下げながら、首の真ん中を下げる感じで発声すると出しやすい感覚があるのですが、喉を下げるのは、被烈筋?を鍛えて、うなじを下げるのは輪状筋?を鍛えるという事で、裏声は喉仏をあげる感じにすると輪状筋が伸ばされ裏声になる?と自分なりに解釈しているのですが、間違っていないでしょうか?

    よろしくお願い致します。

  7. 餃子 より:

    分かりやすいです!ありがとうございます!

    • 金子太登 より:

      餃子さん

      分かりやすいと仰っていただけて嬉しいです^^

      これからもなるべく分かりやすいコンテンツのご提供を心がけていきますので、今後ともよろしくお願い致します^^

  8. 視野 より:

    今までに聞いたことのないノウハウで、とても参考になりそうだなと思いました。これからしっかり練習していきたいです

    • 金子太登 より:

      視野さん

      コメントいただきありがとうございます^^

      参考にしていただけてよかったです^^

      細かい注意点などを確認しながら一緒に頑張っていきましょう!

      よろしくお願い致します!^^

  9. mi-nori より:

    無料での公開ありがとうございますm(_ _)m

    元プロの友人とハモることになり、趣味の領域ではあるものの足を引っ張ってはいけないとボイトレを探していました。

    少しずつ正しい発声ができるように頑張ります!!

    • 金子太登 より:

      mi-noriさん

      コメントいただきありがとうございます^^

      元プロのご友人様と歌われるということなのですね!

      ボイストレーニングという分野は努力を決して裏切りません。

      一緒に頑張っていきましょう!

  10. toriyama より:

    それぞれに鍛えるという発想、分けることの重要性を感じました。
    動画レクチャーありがとうございます。

    • 金子太登 より:

      toriyamaさん

      コメントいただきありがとうございます^^

      地声と裏声の分離はシンプルですが、非常に重要なステップと考えています。

      ここが疎かになっていると、今後の成長が遅れる恐れもありますので、一緒に頑張っていけたらと思います^^

      今後ともよろしくお願い致します!

  11. 早川雄介 より:

    参考になりました、ありがとうございます

    • 金子太登 より:

      早川雄介さん

      コメントいただきありがとうございます!

      分離はボイトレの基礎なので、よろしければ取り組んでみてくださいね^^

      今後ともよろしくお願い致します!

  12. ミント より:

    丁寧な説明ありがとうごさいます。
    これからもボイトレがんばっていきたいと思います!!

  13. M より:

    理論的な説明でわかりやすいです。
    ありがとうございます。

  14. うたお より:

    動画拝見しました。
    ミックスボイスを出すには同時に鍛えないと出せないという認識でしたが、裏声と地声の負荷が分散されて効率的ではないということがこの動画で分かりました!

  15. きりちゃん より:

    理論的な説明で大変分かりやすかったです。ありがとうございました。YouTubeやネットでボイトレの情報が多すぎて、正直何から始めて良いのかわからなかったので非常に助かりました。これからもよろしくお願いいたします。

    • 金子太登 より:

      きりちゃんさん

      コメントいただきありがとうございます^^

      沢山情報があって便利な分、何が正しいのか迷ってしまいますよね。

      そんな中から、僕の情報をご覧いただいて本当にありがとうございます^^

      これからもよろしくお願い致します!

  16. Y より:

    とてもわかりやすいです。ありがとうございます。
    ブログの記事を見ていて、”声帯が開いていて仮声帯が混じっている”場合があるのに驚きだったんですが、これはささやき声が混ざっている声と考えていいですか?

    • 金子太登 より:

      Yさん

      声帯が開いているのに、というよりも、むしろ声帯が開いていることで、その分を補うように仮声帯が介入してきてしまう場合が多いですね^^

      ぜひ、仮声帯と声帯の分離のトレーニングを試してみてくださいね^^
      今後ともよろしくお願い致します^^

  17. ゆす より:

    毎日真剣に練習してみようと思います!参考にさせていただきます!

    • 金子太登 より:

      ゆすさん

      コメントいただきありがとうございます^^

      ぜひ毎日のトレーニングに取り入れてみてくださいませ!^^

      これからもよろしくお願い致します!

  18. S より:

    高音があまり出ないので、プロ並の歌声になれるように特訓したいと思います

    • 金子太登 より:

      Sさん

      熱いコメントをいただきありがとうございます!

      相当に発声がオワコンだった僕でも、成長することができています。笑

      正しい方法論で適切な努力ができれば必ずゴールに近づいていけます!

      頑張っていきましょう!

  19. アサヒ より:

    鋭い裏声を練習し続けていたのですが、息漏れもやったほうがいいのですね!大変勉強になりました。

    • 金子太登 より:

      アサヒさん

      コメントいただきありがとうございます^^

      息漏れの声が苦手というのであれば、必ず取り組んでいただきたいです^^

      分離は後々声を自由にしていきますので、一緒に頑張っていきましょう!

      今後ともよろしくお願い致します^^

  20. Chiko より:

    分かりやすい動画ありがとうございます!これからも動画楽しみにします!

    • 金子太登 より:

      Chikoさん

      コメントいただきありがとうございます^^

      これからも分かりやすいノウハウの提供をしていきますので、今後ともよろしくお願い致します^^

  21. 愛梨 より:

    動画ありがとうございます。息漏れの裏声を頑張っているのですが、どうしても最初の1秒くらいが声になりません。息がスーッと抜けていき、声にならないのです。 どうしたら改善できるでしょうか。

    • 金子太登 より:

      愛梨さん

      コメント、ご質問いただきありがとうございます^^

      僕も全く同じことで悩んだことがありますw

      これは、「オンセット・ディレイ」という症状で、混合している時に起こりやすい症状なのですが、根気強く練習していくと徐々に治ってきます。^^

      一緒に頑張っていきましょう!これからもよろしくお願い致します^^

  22. masashi より:

  23. masashi より:

    楽しくためになるブログいつもありがとうございます^^
    この動画も非常に参考になりました。頑張っていきます!

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      ボイストレーニングは地味ですが、きちんと取り組めが結果が付いてくるので、頑張っていきましょう^^ 今後ともよろしくお願い致します。

  24. なべ より:

    分かりやすい動画ありがとうございます。毎日の練習に使わせていただきます。

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^ ぜひ毎日バランスよくトレーニングされてみてくださいね^^ 今後ともよろしくお願い致します。

  25. sum より:

    繰り返し学習させていただきます。

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      そういっていただけると、作成してよかったと思います笑
      今後も少しでもお役に立てるような情報を提供できたらと思っています。今後ともよろしくお願い致します。

  26. 岡村 より:

    非常に分かりやすいし、本質をついていると思った。

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      嬉しいお言葉ありがとうございます(涙)
      ボイストレーニングはまだまだ未解明なところも沢山ある分野ですが、本質に迫れるように努力して参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

  27. へっだー より:

    地声でE4に届きません。最高音を下げても大丈夫でしょうか?

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      全く問題ないです!むしろ、ここで張り上げない方が安全なので、そうするようにしていただきたいです笑

      ぜひ、練習に活用していただけたら幸いです。よろしくお願い致します。

  28. 莉奈 より:

    いったん分離することが大事なんですね!
    よく分かりました。
    素敵な動画ありがとうございます。

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      ちょっと長くなってしまいましたが、そう言っていただけて幸いです^^
      これからもブログや動画でお役に立てる情報を届けて参りますので、よろしくお願い致します^^

  29. もっちー より:

    分かりやすいレッスンありがとうございました

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^

      分かりやすいと仰っていただけて本当に嬉しいです^^

      これからも分かりやすいボイストレーニングの解説を心がけていきますので、今後ともよろしくお願いします^^

  30. 江田 より:

    金子さんみたいに地声が低くても、高い声が出せると思うと勇気づけられます。練習やってみますね。

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます。
      そうですね、僕もわりと地声が低めな方ですが、トレーニング次第でいけますよ!笑
      一緒に頑張っていきましょう^^
      これからもよろしくお願い致します。

  31. まつの より:

    しっかり理論があって自分にあいそうです。
    これからよろしくお願いします

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      なるべく体系だったノウハウを提供できるよう努めているので、
      そういったお言葉を頂戴すると今までの努力が無駄でなかったと思えます!笑

      これからもよろしくお願い致します!

  32. m.m より:

    細かいところまで行き届いたレッスン感謝します!

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      お褒めのお言葉恐縮です^^ 注意点ややり方には一層こだわって参りますので、今後ともよろしくお願い致します!

  33. 松村 より:

    内容も濃く、初めて知ることばかりでとても新鮮でした。
    ありがとうございます。

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます。^^
      あまり馴染みのないトレーニングで戸惑ってしまうかもしれませんが、すぐに慣れますのでご安心ください笑
      今後ともよろしくお願い致します!

  34. Ryo より:

    1日でも早く習得できるよう頑張ります!

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      ぜひ、頑張ってください!でも焦りすぎは禁物でございます!笑
      今後ともよろしくお願い致します!

  35. 如月 より:

    はじめまして。自分は今までyoutube動画で勉強していました。
    金子さんはボイトレ動画の人たちの意見をどうお考えでしょうか。
    訳のわからない質問してすみません。

  36. TO より:

    この動画通りに裏声と地声が発声できれば声の混合状態ではないと判断していいのでしょうか。

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      地声と裏声に関しては分離できていると思いますよ^^
      他のパーツも分離できるといいので、満遍なくトレーニングしてみてくださいね^^
      今後ともよろしくお願い致します^^

  37. N より:

    地声は比較的出せると思うので、まずは息漏れがある声を意識して出せるようになることが私にとってカギになると思いました。
    ありがとうございました!

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      おっしゃる通りで、様々な声を自由に発声できることが、結果的に高音発声にも繋がります。
      ぜひ、1つの声にとらわれることなく、声で遊んでみてくださいね^^ これからもよろしくお願いします。

  38. 地声最低lowC より:

    メール講座の内容がパワーアップしてる!!
    前よりも見やすくて使いやすいです!ありがとうございます!

    息漏れの裏声は2ヶ月ぐらい練習しているのですが未だにB3が地声に裏返ってしまいます。これは僕の練習が間違っているのでしょうか。高音域は広がってきましたが、G4あたりからはだんだん芯が入って来てしまいます。

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      2ヶ月でしたら全く問題ないですよ^^分離は結構時間かかるので^^ある程度分離が進んだら、他のBuild upやMixedvoiceの練習も一緒にやっていったほうがバランスは整いやすくなります^^

      今後ともよろしくお願いします^^

  39. m.m より:

    分離のトレーニングと強化のトレーニングなんかは一緒にやってしまってもいいのですか?

    • 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^
      あまりにも地声と裏声の混合ひどいようであれば、まずはそちらに注力するべきだと思いますが、そうでなければ基本的には一緒に実践してOKです^^
      バランスよくトレーニングしていきましょう^^
      今後ともよろしくお願いします^^

  40. 吉岡りく より:

    無料でこんなにいい教材本当にありがとうございます。早く理想の歌声に近づけるように頑張って練習します。まずは分離からですね。頑張ります。

S にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です