Separate

声帯と呼吸の分離(呼吸管理)

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、声帯と呼吸の分離について解説をしていきます。

このトレーニングをすることで、必要以上に声帯に大量の息をぶつけることがなくなり、

必要最小限の息の量を、呼吸の視点から覚えこませることができます。

腹式呼吸とは全く違う考え方なので、戸惑うかもしれませんが、ぜひ理解していただければと思います^^

理論

人間の場合、声帯が開いていたとしても、息を体内に保っていられる理由として、

“外肋間筋”(がいろっかんきん)という筋肉の存在があります。

【外肋間筋】

この筋肉がしっかりと体の内側から、息を漏らさないように踏ん張ることによって、

たとえ息が漏れてしまう出口(声帯)が開いていたとしても、息を体内に保っておけるわけです。^^

例えば、風船であれば、口を開いたら空気が抜けていって、一瞬でしぼんでしまいますが、

人間は違うわけですね。人間の能力恐るべしですね。。

トレーニング方法

声帯と呼吸の分離のトレーニング方法について解説します。

呼吸管理トレーニング①

STEP① 息を吸ったり吐いたり、、と、少し大げさに呼吸をしてください

普通に呼吸をしましょう。その際、少し大げさにやってみる事をオススメします。

 

STEP② 息を吸いきったタイミングで、一気に息を止めてください(声帯は開いたまま)

息を十分に吸いきったタイミングで、一気に息を止めましょう。

この時に声帯は開いたまま行うのでしたね。^^

トレーニングの注意点①

呼吸管理トレーニング①の注意点を解説します。

POINT①:声帯を閉じない

息を止める時に、誤って声帯を閉じないようにしましょう!

「ハッハ」という息がせき止められる音がしている時は、声帯が閉じてしまっていますので、静かにゆっくりと息を止める意識で練習をされてみてください。

 

POINT②:首回り、顎周りに力を入れない

「声帯を開いたまま、息を止めるんだ!」と、首回りや顎周りに無意識に力を加えてしまう

方がいらっしゃいますが、それはやってはいけない例です。

 

普段、生活している中で無意識になっている時の声帯の状態(呼吸時は、声帯は開いています)を”意識的に”できるようにするということが大切ではあるのですが、

 

だからと言って、特別力の必要なトレーニングではありません。

力みがあるとしたら、トレーニングの仕方を間違っているとお考えください!

 

POINT③:外肋間筋の踏ん張りを感じ取る

外肋間筋の踏ん張りを感じ取るようにしましょう。。

といっても難しいと思いますので、お腹の張りを感じるだけでOKです^^

その感覚は、息をコントロールしている感覚そのものであって、是非ともトレーニングに応用したいものになります。

 

呼吸管理トレーニング②

STEP① おもしろ可笑しい事を想像してください。(ネタではありません)

あなたが笑ってしまいそうな事を想像し、笑う直前の状態まで持っていくようにしてください。

STEP② 今にも笑い出しそう(吹き出しそう)なところで息を止めます

今にも吹き出しそうな状態で、我慢し息を止めます。

本当に吹き出してしまっては意味がないのでご注意ください。。

まとめ

呼吸管理の意識をすることで、息を浪費してしまう感覚を徐々になくすことができるため、

実際の歌唱だけでなく、トレーニングの効果も引き上げることができます。

ぜひ、今まで意識していなかったあなたは、今日からトレーニングしてみてくださいね。^^

最後までご覧いただき、ありがとうございました^^

教材TOPへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です