Mixedvoice

ボリューム・コントロール

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、ボリューム・コントロールについて解説していきたいと思います。

このトレーニングは、同じ音程で、地声から裏声に徐々に移行する中で、音量を下げていくといったものになります。

声の扱いが不安的になる換声点で練習を行うので、やりにくさを感じると思いますが、

地声と裏声の入れ替え運動(つまりミックスボイス)のトレーニングとして最適です。

ぜひ、実践していただけたら幸いです。

理論

大きな声→地声の筋肉がたくさん働きやすい

小さな声→裏声の筋肉がたくさん働きやすい

 

このような関係から、大きな声で発声するとことから徐々に小さな裏声に

移行していくことで、徐々に地声と裏声の筋肉を入れ替える、つまりミックスボイスの

状態を作り出すことができるわけですね。

トレーニング法

徐々に地声から裏声に音量を絞っていくようにして、移行します。

【参考音源:ボリューム・コントロール】


 

トレーニングの注意点

トレーニングの注意点を解説します。

POINT① ゆっくり移行することを心がける

ゆっくり移行することを心がけましょう。

よくあるケースとして、地声から一気に裏声に移行してしまう例があります。

たとえ、ひっくり返りが目立ったとしても、ゆっくりと移行していきましょう。

POINT② 過度に息を吐いて換声点を誤魔化さない

過度に息を吐いて換声点を誤魔化さないようにしましょう。

地声と裏声のひっくり返りを防ぐために、極端に息を吐きながら換声点を通過していく方が

多いです。

しかし、それでは、練習の意味がなくなってしまいますので、気をつけてください。

POINT③ C4・D4・E4で行う

C4、D4、E4で練習しましょう。

純粋な地声と純粋な裏声両方発声できる音域だからです。

それ以上でも、それ以下でも、純粋な地声や裏声でなくなってしまい、

100%の地声から100%の裏声への筋肉の入れ替え運動ができなくなってしまいます。

POINT④ なびきを取り入れるのもOK。

なびきを取り入れましょう。

なびきとは、ビブラートをよりゆっくりかけたものと考えていただければと思います。

なびきをかけることで、より、地声と裏声の入れ替え運動を不安定にしながら、練習することができるので、

難易度を上げたい場合におすすめです笑

ぜひ、試してみてくださいね。

まとめ

シンプルなトレーニングですが、意外とやってみると難しいですよね。

ころっとひっくり返ってしまったり、裏返らないんだけどきちんと裏声まで繋がらなかったり。。

様々な症状があると思いますが、この教材のノウハウをしっかりと消化していくことで、徐々に症状は良い方向に向かっていきます。

一緒に頑張っていきましょう!

最後までご視聴いただいて、本当にありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です